Japan Advanced Technology Investment Co., Ltd. (JATIC)

    ナビゲーション リンクのスキップソフトウェア製品 「好転銘柄検索」 > システムトレード > バージョン4 の新機能 (2): システムトレードでの新機能
前のページへ戻る

「好転銘柄検索」 (V.4): システムトレードでの新機能

「好転銘柄検索」 (V.4) での新機能概要

 ソフトウェア製品 「好転銘柄検索」 の新バージョン 「好転銘柄検索」 (V.4) には、下記の重要な改良がなされています:

  1. システムトレード機能にシステムトレード・ツールである 「好転銘柄検索」、「手仕舞い推奨銘柄検索」 の既存2検索機能に、 システムトレード補助ツールである 「ファンダメンタル指標検索」、及び 「目標株価乖離率検索」 の2つの検索機能を追加。 上記検索機能の追加に対応し、主要10画面を 主要12画面に変更 (2画面追加)。
  2. 「ファンダメンタル指標検索」 は、12のファンダメンタル指標と2つの数理分析指標 (β と σ) による銘柄検索機能 (概要説明詳細説明)。
  3. 「目標株価乖離率検索」 は、4種の目標株価乖離率ランキングと、登録による目標株価乖離率検索、及び目標株価変化銘柄検索機能 (概要説明詳細説明)。
  4. 主要画面 「指定銘柄分析」 から、目標株価等を含む詳細な 「銘柄情報」 画面の呼出し (概要説明詳細説明)。
  5. 各処理スピード、及び操作性等 (エラー処理含む) の向上

 このページでは、システムトレードに関連する上記 2、3 項についてその概要を説明します。

V.4 新機能 1: システムトレード補助ツール 「ファンダメンタル指標検索」

 基本画面を通して開かれる 「ファンダメンタル指標検索」 画面は、「目標株価乖離率検索」 画面とともに システムトレード補助ツールの1つで、銘柄検索 (銘柄フィルター) を実行します。 これら2つのシステムトレード補助ツールは、バージョン4 (V.4) より追加されました。

 ファンダメンタル指標検索 (銘柄フィルター) は、ユーザーが指定した全12種のファンダメンタル指標と 全2種の数理分析指標の条件に合致する銘柄を4市場(東証1部、2部、マザーズ、及び JASDAQ )の全銘柄をスクリーニングすることにより実行されます。 12種のファンダメンタル指標と全2種の数理分析指標については、「ファンダメンタル指標検索」 画面より読み取れるのでここでは詳細を省きます。

 上記4市場全銘柄を、市場種類、業種等で銘柄検索範囲を制限してスクリーニングすることも可能です。

 上記全機能を実現するのが下に示す 「ファンダメンタル指標検索」 画面です。 なお、この機能についての詳細は、システムトレード補助: ファンダメンタル指標検索 (詳細) をご参照ください。


イメージ拡大

ページ先頭へ

V.4 新機能 2: システムトレード補助ツール 「目標株価乖離率検索」

 基本画面を通して開かれる 「目標株価乖離率検索」 画面は、「ファンダメンタル指標検索」 画面とともに システムトレード補助ツールの1つです。これら2つのシステムトレード補助ツールは、バージョン4 (V.4) より追加されました。

 売買する株式の選択基準の一つとして目標株価乖離率があります。また、リアルタイムで株価を観察していると、 ときに理由がわからずに大きく株価が動く場合があります。そのようなとき、いずれかの評価機関より目標株価が 大きく変更された場合が多々あります。この画面はこの2つを知るためのツールを、 下記に示す4つの機能により提供します。

1) 4種類の目標株価乖離率ランキング

2) ユーザー指定登録銘柄の目標株価乖離率ランキング

3) ユーザー指定登録銘柄の目標株価変化銘柄の表示

4) ランキングの、目標株価乖離率、市場、業種の3観点からのフィルタリング。

 この画面には2つの表示モードがあります。上記 1) - 2) 項に対応するのが 「目標株価乖離率ランキング」 モード、上記 3) 項に対応するのが 「目標株価変化銘柄」 モードとなります。

 上記全機能を実現するのが下に示す 「目標株価乖離率検索」 画面です。 なお、この機能についての詳細は、システムトレード補助: 目標株価乖離率検索 (詳細) をご参照ください。


イメージ拡大

ページ先頭へ

ご参考: V.3 までのシステムトレードでの新機能

 ソフトウェア製品 「好転銘柄検索」 バージョン3では、旧バージョンに比較して、 さらに高速・安定動作するように改良されています。

 その他に、システムトレード (検索機能) に関する新機能としては下記 3 項が追加されており、 さらにシステマティック、なおかつ効率的に 「好転銘柄検索」 が実行できるようになりました:

  • 「好転銘柄検索」 機能の検索市場に、バスケット売買のための "インデックス指標 (日経平均、TOPIX、JASDAQ)" を追加しました。 これにより、バスケット取引での 「買い」、「売り」 信号を表示できるようになりました。
  • 「好転銘柄検索」 画面でのログ機能、及びスケジューラ機能は既に V.2 で導入されていました。 V.3 では操作性を格段に向上させましたが、見かけ (GUI) 上の変化は大きくありません。
  • 「"手仕舞い" 推奨銘柄検索」 画面 "手仕舞い待ち銘柄" への、インデックス指標 (日経平均、TOPIX、JASDAQ)" の登録を許可しました。 これにより、バスケット取引の手仕舞い信号を表示できるようになりました。

 下にログ機能とスケジューラ機能の概要を述べ、次項より両機能詳細を述べます:

1) ログ機能:

 好転銘柄検索結果のログが可能になりました。ログは特定ファイルに記録され、「ログ表示」 画面を通して閲覧・編集をすることが出来ます。

2) スケジューラ機能 :

 旧バージョンでは、好転銘柄検索は、「買い」、及び 「売り」 2つのマルチスクリーニング・ ファイルを定義することにより、「買い」、及び 「売り」 の好転銘柄を同時に検索することが可能でした。 しかし、新バージョンでの好転銘柄検索は、上記1対 、またはどちらか一方のマルチスクリーニング・ファイルの定義での好転銘柄検索を 1ステップとし、任意の数のステップだけ続けることが出来るようになりました。これにより、 今までよりさらに多面的な好転銘柄検索が可能となりました。

 上記ログ機能、スケジューラ機能を含む V.3 までのシステムトレードでの新機能の詳細については、 「好転銘柄検索」 (V.3): システムトレードでの新機能 をご参照ください。

ページ先頭へ

前ページへ

ホームへ

前のページへ戻る