Japan Advanced Technology Investment Co., Ltd. (JATIC)

    ナビゲーション リンクのスキップソフトウェア製品 「好転銘柄検索」 > システムトレード > システムトレード・ツール > "手仕舞い" 推奨銘柄検索
前のページへ戻る

システムトレード: "手仕舞い" 推奨銘柄検索

「"手仕舞い" 推奨銘柄検索」: 機能模式図

イメージ拡大


以下、上記模式図の構成項目を、① 検索設定部、② 検索制御・表示部、に分類し箇条書に説明します:

 ① 検索設定部:  好転銘柄抽出のための検索条件を設定します。

  • ファイル名指定: 買い手仕舞い (売り) の「マルチスクリーニング」: 「マルチスクリーニング設定」 画面で作成・保存したファイル名を指定します。 「買い」 手仕舞い推奨銘柄を抽出するための検索条件です。
  • ファイル名指定: 売り手仕舞い (買い) の「マルチスクリーニング」: 「マルチスクリーニング設定」 画面で作成・保存したファイル名を指定します。 「売り」 手仕舞い推奨銘柄を抽出するための検索条件です。
  • ファイル名指定: 「リスク管理」 画面で作成・保存したファイル名を指定します。 利益確定法、損切り、保ち日数切り、ストップ対応等のリスク管理も考慮し手仕舞い推奨銘柄を抽出します。
  • 売買手数料の設定: 手仕舞い推奨リストに表示される 利益や利益率算出のために利用されます。売買手数料 「適用」 を選択した場合、売買額定率 (値入力) で計算するか、 手数料テーブル (ファイル名指定) で計算するか、が選択出来ます。 手数料テーブルは 「メンテナンス」 画面で作成・編集・保存が可能です。

 ② 検索制御・表示部:  検索の更新・中断を入力、検索結果の表示・制御を実行します。

  • 検索制御部: 「更新」 ボタンで検索を開始し、「中断」 ボタンで検索を中断します。 中断した場合、それまでの結果が表示されます。なお、メニューバーを用い自動更新に設定することも可能です。
  • 「買い」 手仕舞い推奨銘柄表示部: 「買い」 (手仕舞い) 待ち銘柄の銘柄リストが表示されます。手仕舞い推奨銘柄の検索を開始すると、銘柄リストの第1列 「推奨」 欄に、 「手仕舞い」 推奨の有無 (色表示) と推奨理由を示す番号が表示されます。番号の意味は下記補足欄で説明されます。 銘柄リストには、手仕舞い推奨銘柄名や銘柄コードだけでなく、ユーザ指定された様々な指標値も同時に表示されます。 なお、銘柄リストへの銘柄名及び 売買条件の登録・削除も、この表示部で実行されます (銘柄リストの制御)。
  • 「売り」 手仕舞い推奨銘柄表示部: 「売り」 (手仕舞い) 待ち銘柄の銘柄リストが表示されます。他は上項をご参照ください。

これらの機能を実際に実行するのが、下記の 「"手仕舞い" 推奨銘柄検索」 画面です。 なお、この画面は検索後のものです。

ページ先頭へ

「"手仕舞い" 推奨銘柄検索」 画面

イメージ拡大

ページ先頭へ

「"手仕舞い" 推奨銘柄検索」 画面: 補足事項

手仕舞い推奨コードの説明
手仕舞いコードの説明

イメージ拡大

表出力データ設定
表出力データ設定

イメージ拡大

 手仕舞い推奨銘柄の検索を開始すると、検索結果として (手仕舞い) 待ち銘柄リストの第1列 「推奨」 欄に、「手仕舞い」 推奨の有無 (色表示) と推奨理由 (番号) が表示されます。この色と番号の意味を説明するのが左の 「手仕舞い推奨コードの説明」 画面です。この画面は銘柄リスト右の 「?」 ボタンをクリックすることにより表示されます。

 銘柄リストには、ユーザーが登録する、① 銘柄コード、② 購入/売却日、③ 売買株数、④1株価格、以外に、 左の 「表出力データ設定」 画面で定義する項目が表示されます。この画面は、メニューバー 「F」 ボタンをクリックすることにより表示されます。銘柄コードと銘柄名は、非表示にすることはできません

 なお、メニューバーには、「更新」 の自動 / 手動を切り替えるボタンと、 自動更新法の設定画面を開くボタンもあります。

ページ先頭へ

「"手仕舞い" 推奨銘柄検索」 画面: 機能のまとめ

 基本画面を通して開かれる「"手仕舞い" 推奨銘柄」 画面の目的は、「テクニカル指標パラメータ最適化」 画面や、 マルチ・スクリーニングによる 「売買シミュレーション」 画面で確立された信頼性の高い (高い利益率やパフォーマンス結果 を出す) マルチ・スクリーニング設定を用い、ご自身が登録された 「買い」手仕舞い待ち (買い待ち)、または「売り」手仕舞 い待ち (売り待ち) 状態の銘柄の中から、"手仕舞い" 推奨銘柄を検索・表示することです。

 また、この画面では、単に複合的なテクニカル指標フィルターで "手仕舞い" 推奨銘柄を検索するだけでなく、リスク管理を考慮した 総合的な "手仕舞い" 推奨銘柄検索が実行されます。

 リスク管理処理は 「リスク管理」 画面で定義した、① 利益確定、② 損切り、③ 保ち日数切り、 ④ ストップ高・ストップ安対応、等を通して登録銘柄を検証することにより実行されます。

 「好転銘柄検索」 画面での好転銘柄検索機能、及び 本画面での "手仕舞い" 推奨銘柄検索機能を組み合わせて、システム・トレードのルールを構築することが出来ます。しかし、 証券会社とのリンクを確立していない本プログラムでは、作成されたルールに従い、ユーザーが持つ証券会社の 口座に売買・手仕舞い注文を出すことにより、システム・トレードを実践することになります。

ページ先頭へ

前ページへ

次ページへ

前のページへ戻る