Japan Advanced Technology Investment Co., Ltd. (JATIC)

    ナビゲーション リンクのスキップソフトウェア製品 「好転銘柄検索」 > システムトレード > システムトレード補助ツール > ファンダメンタル指標検索
前のページへ戻る

システムトレード補助: ファンダメンタル指標検索 (V.4 より適用)

「ファンダメンタル指標検索」 機能概要

 基本画面を通して開かれる 「ファンダメンタル指標検索」 画面は、「目標株価乖離率検索」 画面とともに システムトレード補助ツールの1つで、銘柄検索 (銘柄フィルター) を実行します。 これら2つのシステムトレード補助ツールは、バージョン4 (V.4) より追加されました。

 銘柄検索 (銘柄フィルター) は、ユーザーが指定した全12種のファンダメンタル指標と全2種の数理分析指標の条件に合致する銘柄を 4市場(東証1部、2部、マザーズ、及び JASDAQ )の全銘柄をスクリーニングすることにより実行されます。 12種のファンダメンタル指標と全2種の数理分析指標については、「ファンダメンタル指標検索」 画面より読み取れるのでここでは詳細を省きます。

 上記4市場全銘柄を、市場種類、業種等で銘柄検索範囲を制限してスクリーニングすることも可能です。

 以下、「ファンダメンタル指標検索」について、1) 機能模式図、2) 「ファンダメンタル指標検索」 画面、3) 使用法、 の3項に分けて説明します。

「ファンダメンタル指標検索」: 機能模式図

イメージ拡大


 これらの機能を実際に実行するのが、下記の 「ファンダメンタル指標検索」 画面です。 なお、この画面は検索後 (フィルタリング「開始」ボタンのクリック後) のものです。

ページ先頭へ

「ファンダメンタル指標検索」 画面

イメージ拡大

ページ先頭へ

「ファンダメンタル指標検索」: 使用法

「検索 ”業種” の選択」 画面
「検索 ”業種” の選択」 画面

イメージ拡大

「表出力データ設定」 画面
「表出力データ設定」 画面

イメージ拡大

 基本画面 「システムトレード」 欄内の 「ファンダメンタル指標検索」 ボタンをクリックすると、 「ファンダメンタル指標検索」 画面が表示されます。この画面は下記3つのパネルから構成されています:

  1) フィルター設定部

  2) フィルター制御部

  3) 結果表示部

 この画面での機能は、「フィルター制御部」 欄で指定される市場・業種から、 「フィルター設定部」 で指定された値 (値域) の指標値を持った銘柄を、「開始」 ボタンをクリックすることにより選択し、 結果表示部に表示することです。以下、各パネル毎に説明していきます。

1) フィルター設定部

 フィルターとして指定可能な指標は、「ファンダメンタル指標検索」 画面拡大図より読み取れるように、 12のファンダメンタル指標と、2つの数理分析指標です。それぞれの指標内容ついても、拡大図から読み取れるため、 以下には、これらのフィルターについての一般的注意事項を箇条書きにまとめておきます:

  • 個別フィルターを有効にするには 「適用」 をチェックします。「適用」 がチェックされている場合のみ、 数値設定欄に数値が書き込め、そのフィルター機能が有効になります。「非適用」 がチェックされている場合は、 その値は無視されます。なお、数値欄の1つが無記入の場合は、その方向に制限がないと判断されます。
  • ファンダメンタル指標フィルターに用いられる値は、既に説明した 「メンテナンス」 画面、「基本データの更新」 パネル内 「3) 銘柄基本データの更新」 欄での 「最終更新日」 に記載されている日時の値です。 ザラバ中での現在値は、既に説明した 「銘柄グループ編集と基本データ閲覧」 画面で、銘柄を指定することで確認、また計算ができます。
  • 数理分析フィルターに用いられる値は、既に説明した 「メンテナンス」 画面、「基本データの更新」 パネル内 「4) ベータとシグマの更新 (日足)」 欄での 「最終更新日」 に記載されている日時での値です。 この値も 「銘柄グループ編集と基本データ閲覧」 画面で、銘柄を指定することで確認できます。

2) フィルター制御部

 この部分の設定で、市場と業種で検索範囲を制限できます。“市場の 「範囲」 設定” 欄では、市場範囲を指定します。 「全て」 がチェックされた場合は、東証一部、東証二部、東証マザーズ、及びジャスダックに含まれる全銘柄が検索範囲になります。 「市場選択」 がチェックされた場合、「市場選択」 パネルが有効 (選択可能) になり、それぞれの市場をチェックすることにより、 検索する市場範囲を限定することが出来ます。

 “「業種」 の範囲設定” 欄では、業種範囲を指定します。「全て」 ボタンがチェックされた場合は、業種により検索範囲の限定をしません。 「業種選択」 ボタンがチェックされた場合、「業種設定」 ボタンが有効 (選択可能) になります。 「業種設定」 ボタンを押すと、上図の “検索 「業種」 の選択” 画面が表示されます。 検索が必要な業種を1つまたは複数チェックすることにより、検索する業種を制限することが出来ます。

 「フィルター設定」 部で指標のフィルター条件を設定し、「検索範囲の設定」 部で市場・業種の検索範囲を設定したあと、 「検索範囲の設定」 部の右上に位置するフィルタリング 「開始」 ボタンを押すと、 条件に合致した全銘柄が 「フィルター条件合致銘柄一覧」 表に表示されます。

3) 結果表示部

 結果表示部: 「フィルター条件合致銘柄一覧」 表に表示されるべきファンダメンタル指標、及び数理分析指標は、 「ファンダメンタル指標検索」 画面メニューバー: "E" ボタンを押すことにより開かれる上図 「表出力データ設定」 画面で設定されます。

 なお、「フィルター条件合致銘柄一覧」 表の項目タイトル(ヘッダー)の右端をクリックすると、 表示された銘柄順序が、タイトルに該当する数値または文字列に従い昇順または降順にソートされます。。

ページ先頭へ

前ページへ

次ページへ

前のページへ戻る