Japan Advanced Technology Investment Co., Ltd. (JATIC)

    ナビゲーション リンクのスキップソフトウェア製品 「好転銘柄検索」 > 管理・保守、各種設定 > メンテナンス
前のページへ戻る

管理・保守、各種設定: メンテナンス

「メンテナンス」 画面: 機能模式図

イメージ拡大


 各部位 (ブロック) については、下で詳細に説明します。 これらの 「メンテナンス」 全機能を実際に実行するのが、下の 「メンテナンス」 画面です。

「メンテナンス」 画面

イメージ拡大

ページ先頭へ

「メンテナンス」 画面: "基本データの更新" 部

「上場銘柄の更新」 画面
「上場銘柄の更新」 画面

イメージ拡大

「NET 通信検証」 画面
「NET 通信検証」 画面

イメージ拡大


 上の機能模式図で示したように、「メンテナンス」 画面: "基本データの更新" 部で実行出来る機能は下記の7項目です:

1) 更新銘柄グループの選択5) 項目 2) ~ 4) の同時更新
2) 株価データの更新6) 上場銘柄の更新
3) 銘柄基本データの更新7) インターネットを通したデータの読み込み (通信検証)
4) ベータとシグマの更新

 「更新銘柄グループの選択」 では、上記 2) ~ 4) 項のデータベース更新範囲を選択します。 選択出来る項目は、a) 全銘柄グループ、b) 東証一部、c) 東証二部、d) 東証マザーズ、e) JASDAQ、f) 全て、のどれか1つです。

 プログラムのデータベースには、上記4市場の全銘柄の過去 17 年間 (1997 年 1 月よりプログラムリリース時まで) の 「株価データ」 が保存されています。リリース時からの株価データは、更新しなくても、必要なときにインターネットを通し 読み込まれます。しかし、毎日1回 (午後7時以降) は更新したほうが、色々な検索速度が向上します。

 「銘柄基本データ」 は、各銘柄のファンダメンタル指標データのことです。 上記4市場の全銘柄の最終更新時のデータが、データベースに保存されています。マルチスクリーニングでは、 フィルターリング速度向上のため、データベースの値が用いられるため、これも毎日の更新をお勧めします。 なお、「銘柄グループの編集と基本データ閲覧」 画面の "グループ内銘柄リスト" 部に表示されるデータは、 ザラバではリアルタイムでのデータが表示されます。

 上記4市場全銘柄のベータとシグマの値は、「ベータとシグマの更新」 時に株価データから計算され、データベースに保存されます。この値は、マルチスクリーニングでの数値分析フィルター に用いられます。通常、この値は長期間の株価データより計算されるため、更新は数週間から数か月に1度 で十分と考えられます。

 項目 2) ~ 4) の更新は、別々にも出来ますが、同時にした方が同時にも可能です。 同時に実行したほうが、トータルでの更新時間は短くなります。それを実行するのが上記 5) 項です。 どの更新にも「更新」と「中断」ボタンが付属しています。中断すると更新終了した銘柄のデータのみ保存されます。

  "6) 上場銘柄の更新" 欄にある 「自動」 ボタンを押すと、 先月末時点までの上場銘柄更新が自動で実行されます。当月初めから当日までの上場更新を実行するには、 マニュアル更新を利用します。「マニュアル」 ボタンを押すと、上の 「上場銘柄更新」 画面が表示されます。この画面で、 当月初めからの新規上場銘柄のデータベースへの登録、及び上場廃止銘柄の削除が簡単に実行されます。

 本ソフトウェアは、常にインターネットを通じ外部サイトよりデータを読み込んでいます。 そのため、インターネット接続や外部サイトに問題が発生した場合、本ソフトウェアが正常に働かなくなる場合があります。 "インターネットを通したデータの読込み" 欄 「読込み検証」 ボタンを押したときに開かれる、左の 「NET 通信検証」 画面では、インターネット接続や外部サイトに問題があるかを検証し、対処法を示します。

ページ先頭へ

「メンテナンス」 画面: "各種パラメータ設定" 部

「チャート設定」 画面
「チャート設定」 画面

イメージ拡大

「データ更新設定」 画面
「データ更新設定」 画面

イメージ拡大

「手数料テーブル」 編集画面
「手数料テーブル」 編集画面

イメージ拡大

  上の機能模式図で示したように、「メンテナンス」 画面: "各種パラメータ設定" 部で実行出来る機能は下記の5項目です:

  1) チャート基本設定

  2) 株価文字色

  3) データ自動更新

  4) 手数料テーブル

  5) ツールチップ設定

 「チャート基本設定」 では、本ソフトウェアで表示される全チャートの色設定を実行します。 もし、背景色に、「黒」 か 「白」 を選択すれば、他の色設定は全てそれぞれのデフォルト色が適用されます。「任意」 が選択された場合にのみ、「設定」 ボタンをクリックすると開かれる、左の 「チャート設定」 画面で定義された色設定 が適用されます。

 「株価文字色」 では、色々な画面で表示される株価の上昇時、下降時の色設定が可能です。

 "データ自動更新" は、当該欄で特定された3つの主要画面でのみ適用可能です。 それぞれの、「設定」 ボタンを押すと、上の 「データ更新設定」 画面、または類似の画面が表示されます。 そこでデータ更新法が設定できます。なお、データ更新法の設定は、それぞれの画面でも可能です。

 「手数料テーブル」 は、利益や利益率を計算する画面で、手数料テーブル が有効と定義されている場合に用いられます。「開く」 ボタンを押すと、左の 「手数料テーブル編集」 画面が開かれます。 この画面で、手数料テーブルの新規作成・保存・編集等が可能です。このテーブルは任意の名前のファイルに保存され 必要な場合に 「手数料テーブル」 として読み出されます。

 「ツールチップ」 設定欄で、ツールチップ表示の入り / 切り、及びその表示時間を、 各主要画面単位で設定できます。

ページ先頭へ

「メンテナンス」 画面: "テクニカル指標パラメータ設定" 部

パラメータ 「ヘルプ」 画面
パラメータ 「ヘルプ」 画面

イメージ拡大

 「メンテナンス」 画面: "テクニカル指標パラメータ設定" 部では、 下記の画面で使用するテクニカル指標のパラメータ値を設定します:

  1) 「指定銘柄分析」 画面

  2) 「テクニカル指標パラメータ最適化」 画面

  3) 「マルチスクリーニング設定」 画面

 テクニカル指標のパラメータ値は、表に直接入力できますが、グレーのセルは値が定義されていないため、 入力できません。また、各テクニカル指標の行ヘッダーをクリックすることで、 左上に示すようなパラメータ 「ヘルプ」 画面 (内容は各テクニカル指標毎に異なります) が表示されます。

 ここで設定されたパラメータ値は、1) 項 「指定銘柄分析」 画面では、通常このままの値が用いられますが、2) 項の 「テクニカル指標パラメータ最適化」 画面では、 画面を開いたときや、最適化するテクニカル指標を選択したとき、3) 項の 「マルチスクリーニング設定」 画面ではスクリーニング設定の新規作成時に、最初のデフォルト値として表示されます。

 なお、"テクニカル指標パラメータ設定" 部では、 全テクニカル指標の全パラメータを一括編集できます。同様に「指定銘柄分析」 画面でも、 テクニカル指標パラメータの設定は可能ですが、一括編集は出来ず、テクニカル指標毎に個別に設定することになります。

ページ先頭へ

「メンテナンス」 画面: 機能のまとめ

 本アプリケーションの制御部である基本画面を通して開かれる「メンテナンス」画面は、複数の画面で共通に 使用される各種データや設定を、下記3つの部分に分け管理するための画面です。

  ① 基本データの更新

  ② 各種パラメータ設定

  ③ テクニカル指標パラメータ設定

 具体的には、インターネットを通した銘柄の各種基本データの更新、新規上場銘柄の登録、上場廃止銘柄の削除、その他各種 設定 (チャート線色、文字色、各種動作設定、及びテクニカル指標パラメータ値 等) を管理します。特に基本データを適切 な時期に定期的に更新することは、本プログラムが含む「システムトレード」機能で用いられる下記2つの検索機能:

  a)  好転銘柄検索

  b)  “手仕舞い” 推奨銘柄検索

を効率的に使用するために最も重要なことです。そのため、プログラム使用開始時には、この画面の「① 基本データの更新」部 を理解していただくことが最も重要となります。

ページ先頭へ

前ページへ

次ページへ

前のページへ戻る