Japan Advanced Technology Investment Co., Ltd. (JATIC)

    ナビゲーション リンクのスキップソフトウェア製品 「好転銘柄検索」 > 主要画面 (GUI) > マルチ・スクリーニング設定
前のページへ戻る

主要画面 (GUI): マルチスクリーニング設定

主な機能

 基本画面を通して開かれる 「マルチ・スクリーニング設定」 画面での設定は、下記3つの画面より呼び出され、「買い」、「売り」、「買い手仕舞い」、 「売り手仕舞い」 の各信号を発生させるために利用されます。

  ① マルチ・スクリーニングによる 「売買シミュレーション」 画面

  ② 「好転銘柄検索」 画面

  ③ 「"手仕舞い"検索」 画面

 

 マルチ・スクリーニング設定は、下記3種のフィルター部より成り立っています:

  a) 「ファンダメンタル指標フィルター」 部

  b) 「数理分析フィルター」 部

  c) 「テクニカル指標フィルター」 部

 

 「ファンダメンタル指標フィルター」 は12種のファンダメンタル指標要素から、 数理分析フィルターは β  と σ  の2つの指標要素から構成される数値フィルターです。テクニカル指標フィルターは、 30種のテクニカル指標売買信号トリガー要素と、30種のテクニカル指標数値要素、の全60種の成立信号を要素とする スクリーニング・マトリックスを用いた複合フィルターです。

 

   マルチ・スクリーニング設定は、「買い」 (売りの手仕舞い)、「売り」 (買いの手仕舞い)  のどちらかに指定され、 1つのファイルとして保存されます。

「マルチ・スクリーニング設定」 画面の構成

 「基本画面」 にある 「各種設定」 パネル内の "マルチ・スクリーニング設定" ボタンをクリックすると、 下の 「マルチ・スクリーニング設定」 画面が表示されます。

 

イメージ拡大

ページ先頭へ

「マルチ・スクリーニング設定」 画面に付属するサブ・ウィンドウ

 下表に、「マルチ・スクリーニング設定」 画面に従属している (本画面から開かれる) サブ・ウィンドウの名称と機能をまとめます。

 

名称 主な機能
売買信号トリガー 「パラメータ一括編集」 画面  トリガーの発生に使用するテクニカル指標30種のパラメータ値と、トリガー発生条件の一括編集
スクリーニング 「パラメータ一括編集」 画面  スクリーニングに使用するテクニカル指標30種のパラメータ値と、スクリーニング条件の一括編集
ヘルプ 「バージョン情報」 画面 「基本画面」 参照
ヘルプ 「本画面の説明」 画面 「基本画面」 参照
「株価更新」 画面 「基本画面」 参照

ページ先頭へ

前ページへ

次ページへ

前のページへ戻る